生命保険代わりでインフレにも強い不動産投資

不動産投資で契約を交わすローンは生命保険がわりで思いもよらぬ時も心配はいりません。
残されたファミリーに資産および安定収入をもたらします。
ローンを活用してマンションを買取するというようなケースでは、ローンは銀行の設定する団体信用生命保険が備えられていますので、所有主がもしものことが起こった場合に、ローン残高につきましては保険を活用して精算されることになります。
要するにマンション賃貸住宅については、費用なしで残されているご家族のものになり、資産という形でそっくりそのまま安定した収入を取り置きする事が実現できます。
さらに、不動産投資につきましてはインフレーションに力を発揮するといえます。
目減りすることない投資で安全性があります。
経済環境が改善しインフレーションになると、銀行預金等には目減りが生じますが、マンション経営は目減りに発展する事はないと言えます。
どうしてかと言うと物価上昇又は固定資産税の上乗せに応じて賃貸料を押し上げることが普通だからです。